エゴサーチはほどほどに。

戯言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、こんにちわ!今日もオタマンやってくよ!!←

今日はタイトルにもあるとおりエゴサについて書かせてもらいまーす。

私の独断と偏見で成り立つ記事になるので、

不快になりそうな方はブラウザバックを推奨。

SNSがここまで社会にまで影響を及ぼすようになった今となっては、

本当にエゴサがしやすい世の中になったというか。

探せばすぐに見つけられちゃうようなってことね。

近年、芸能界の闇的なものを感じる出来事が続いてますよね。

日本国内でも芸能界の方で、連続して悲しいお別れがあったことは読者様にも覚えがあるかと思います。

まあそれらに関しては何が原因かは定かでないですので、そのことで言及することは一切ありません。だって全くわからんもん。

でも噂がまことしやかに流れるし、勝手に記事として出回ってしまうこともしばしばなので、それらを読んで思うことはありましたね。

一つの要因として上がるのがバッシングというかアンチというか。

もうこんなのが当たり前の世界であるのはわかりきってるけど、今のこの時代だからこそバッシングを受けてる人の目にも入りやすく、またバッシングをしやすい世の中なんですよね。

素性を隠して、つぶやける場所が多すぎる。

SNSの使い方はいい方向に使えればめちゃくちゃ効果を発揮出来て役に立つことがありますが、逆に最悪の方向にもめいいっぱい効果を発揮してしまうということなんですよね。振り幅の大きさがとんでもない。

使い方は基本、その人の物差しでしかないので誰にも止めることはできなくて。

最低限のことは守るっていったって、みんな最低限のマナーの基準は人それぞれ。

難しい問題ですよね。

こんな時代だからこそ余計に強く生きることが求められるんだと感じます。

芸能界なんだからアンチがいたって仕方ない。でもやっぱり限度ってものはありますからね。アンチコメント見て、凹む芸能人や有名人は数知れずかと思います。

まあちょっとかなり回り道しちゃいましたが、私の個人的意見としては

エゴサはするな。

エゴサをすることが全て悪いとは限りません。アイドルとかであれば、もちろんファンの意見聞きたくなりますよね。今回のシングルどうだったかとか。

いいコメントが溢れてればいいですけど、攻撃性を含んだものだってあるじゃん。

アンチを見ても全然気にしない性格かどうか自分で分析してから、覚悟して見てほしいと思う。

自分わりと大丈夫です!!って言ったって、やっぱりダメージ負う人のが多いんじゃないかと思います。

だったら、もう見るなよ・・・自分を守れよ・・・って思っちゃうんですよね。

情報を得ることで今後の活動だったりって決まってくると思うけど、

それは公式をうまく使えばいいんじゃないんですかね。

公式使ったところでアンチは消えないし、アンチもそこを使って攻撃はしてくるだろうけど、それでも公式だけを使えば確実に目に触れる量は少なくなると思います。

エゴサが大事な時代だとは思うけど、諸刃の剣なんですよね。

だからエゴサを全くするなとは言えないけど、深追いだけは本当にやめた方がいいよ。って思っちゃいますね。

別に私は芸能関係の人間でもないし、一般人だから、著名人たちの苦労なんか知っちゃこっちゃないですけど。←

攻撃をする人は攻撃するのが生きがいですからね。

それを攻撃を意見として受け止めようとする人いますよね、きっと。

それは大きな間違いだからね。攻撃は攻撃って認識できるかどうかがすごく大事かなって思います。見極めです。

ファンでも全部好意的な意見を言うわけではないので、時には厳しい意見を言う人も中にはいる。でも正直そんなの全部拾い上げてたら、キリがない。

ある程度に留めておくのは一番いいと思いますね、私は。

それか炎上覚悟でキレるとかね。笑

かなりのリスクを負いますけど・・まあ人間らしくて私は大好きですけどね。

私は前にスノのラウールがファンにめちゃくちゃ叩かれてた時に、

自らの言葉で、『傷つきます!!』って強く言い放った時、よく言った!!!!って思ったもん。

きっと自分の中で守ってくれる人がいることを実感できているからの言葉かなと。

メンバーが全力で守ってくれてますからね。いいチームだと思います。

正直高校1年生の子供にそんなこと言わせてしまう、人間たちがいることにがっかりですよね。アホらし。

著名人や有名人たちも人間なので、自ら傷つきにいかなくていいのでは?

自衛をもっとしなよ。自分を大切にしなよ、本当に。

エゴサはしてもいいけど、深追い禁止で留めて、傷を最小限に抑えましょう。

グクも全部受け止めなくていいんだよ。って言いたい。

結局ジョングクのことしか考えていない、もはやモンペ気味の私の話でした。←

コメント

タイトルとURLをコピーしました