脳内放出

日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク

久々のオタマン。やってくぞい。

最近頻繁に訪れる無気力症候群。

元気はあるのになにもやる気が起きず、1日ぼーっとしている。
ずっと動画ばかり見ていて、眠くなったら寝る。本当に自堕落極まりない。

ゲームやろうかなーって思っても、電源つけるまでにいかない。
ゲーム大好き人間のくせしてこれは由々しき事態である。

なんでこんなに無気力なのかなーって通勤電車内であれこれ考えてみたら、
ふと、ある言葉を思い出した。

「アウトプットしないと効率上がらない」

この言葉は今の会社で仲良くしてる女の子が言ってた言葉で
おしゃべり好きな私がその女の子にやたらと絡んでて、←
雑談終わったあとにいつも仕事の邪魔してごめん!って謝ると、
「いえいえ、いいんです!私もアウトプットしないと効率上がらないので!」
って。要は自分もおしゃべりして、吐き出さないと仕事の効率が落ちるっていう。

そのときは、へえ~そうなんだ~程度で終わってた。
そういうのって人それぞれだから、私は別だなって勝手に思い込んでたんだよね。
それが今日通勤時にその言葉を思い出して、今までの自分を思い返してみたら、

私もまんまあてはまるじゃん。

私の場合はインプットされる情報量が多い。
毎日動画観まくってるし、
Twitterもチェックしてるし、同年代の人に比べたら圧倒的量だと思われ。
興味あることが多いというか・・・

そんでそれを発散させることが最近ほんとに無いなっていう。
情報は入ってくるけど、それを共有できる友人が近くにいなくて、(みんな結婚してるし)
だから、余計にオタマンをフル活用すればいいんだけどね。
追い付かないんだろうね。笑

話したい情報がめまぐるしく変わる。

脳内にあるたくさんの情報を少しずつでも放出していかないと、
思考停止になり、無気力症候群になるんだな・・・ってようやく気付いた。

自分が仕事やらでストレスため込んで病むってことが日頃から多かったから
その対処法は自分の中で確立されている。といってもそれも結局は吐き出すに尽きるんだけど。

それがまさか趣味の方でも起きるのかと。
たくさん言いたいことがあって、でも、話す人がいなくて。
別にコミュ障じゃなくて、私の趣味を話せる人がご少数であるのが問題なんだとも思う。

だからオタマンを活用しなくてはいけないんだろうな。

正直、あまりにも無気力すぎてブログやめちゃおうかなーって思ってたんだけど、
原因がわかった今やめるのもなー。
自分自身が楽しく日々過ごせるためにはなにかしらの手段でいいからアウトプットが必要なんだと
思い知った今日この頃。

アウトプット、実に興味深い。←

瞬間瞬間に揺さぶられた感動や感情を誰かと共有することもきっとアウトプットで、
自分の中に溜め込むのって気の流れというかそういうのを止めることになるから
体の巡りも悪くなるのかな〜。気功かっていうね。←

コメント

タイトルとURLをコピーしました