薬屋のひとりごと

マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、こんにちわ!今日もオタマンやってくよ!
今日は久々に漫画の紹介でも。
最近本当にお金ないので、全く漫画を買えなくて・・・
私の貧困はまだ当面続きそうです・・・泣ける。
誰か、お金をください。(真顔)

タイトルにでもある通り、今日は「薬屋のひとりごと」。


この漫画は上のリンクを見てもらえればわかると思うんだけど、
作画が2パターンあるんですよ〜〜。
内容は正直な話、同じなんですけど!!私は両方買ってもなんの問題もなかったです。笑
同じ内容なのに、なんで?って話なんですけど、
私個人の見解なので、アドバイス程度に思っていただければと思います。

右側の作画【倉田三ノ路】の方は話の展開が早いです。
右側のが内容の進みが早く、単行本も進んでいます。今10巻まで出てます。
逆に左側の方は7巻までなんですけどね。作画は【ねこクラゲ】。

倉田さんの方は話の展開が早いですが、とても話の内容がわかりやすいです。
ねこクラゲさんの方は絵がとても綺麗なので、世界観に引き込まれます。
私は最初ねこクラゲさんの方を読んでから、倉田さんの方を買って読んだのですが、
ねこクラゲさんの方でよくわからなかった部分が倉田さんの方を読んで、あ〜そういうことか!ってなりました。
この漫画の内容はミステリー要素があるので、少しだけわかりにくい箇所があるかもしれません。

ただねこクラゲさんの方は物語の細部を綺麗に描かれているので、だからこそ話の流れが倉田さんと比べて遅いのかなと。でも、どっちだけを読んでも特に物語を知る面に関しては理解できるのでそこは問題ないかと思います。

ただ!私は両方読むと、違いを楽しむという感じで。しかも内容は同じではあるけど、作画が違うだけで違う題材の漫画を読んでいる気にもなりますし、内容も少し違う描かれ方をしているので、私は両方読むことを強くお勧めします!!!!!笑


さて、内容置き去りですみません。笑
話の内容はですね、舞台は中国の後宮内で繰り広げられるあらゆる謎を家が薬屋の猫猫(マオマオ)が解き明かしていくという話です。
猫猫は薬や毒が大好きで、少しやばめな可愛い女の子です。←

宦官である壬氏と猫猫のちょっとしたロマンスもあるので、そっちもどうなるのか楽しみなんですよ〜〜。
私は基本的に謎解きの漫画が大好きなので、この漫画はめちゃんこ好みです。笑

後宮という場所は女同士のいざこざがひどいので、なんかそれも読んでいて楽しいです。←
女同士って怖いから、リアルだと避けて通りたいですけど、漫画なので思う存分楽しめます。

特に小難しい話でもないのですが、ジャンル的に一体どこに当たるのか謎です。笑
ガンガンコミックスだから少年漫画の部類なのかな??

推理マンガではないですが、謎解きが好きな人にはお勧めします!
感情が大きく揺さぶられることはないんですけどが、
この世界観がどうにも私は大好きみたいです。

正直、このマンガは漫画好きの友人から教えてもらったんですけどね。笑
私と友人のお墨付きなので、安心してもらいたいですww

もし、マンガ何読もうかな〜って悩んでる人いましたら、是非お手にとって見てくださいな!




コメント

タイトルとURLをコピーしました