「ファン」とは。

戯言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ただいま朝の6時半。

全く寝ておりません。前日、夕方4時くらいからうたた寝してしまって、

まさかの3時間。一人暮らしだと誰も起こしてくれないのがつらい。

そんなに寝ちゃったら、普通に夜寝れないからね。

なので、色々とネットで検索してたら、ある文章を見つけてしまって、

思いの丈をここでぶつけてみる。

読まれた後の苦情は一切受け付けませんのであしからず。

てかブログ書くの久々ですね。笑

私、元々ミーハー野郎なのでこれまで好きになったものは正直かなりの多さだと思っております。その中でどハマりしたのは片手で数えるくらいではあるんですけど。

ミーハーというか、単純にその好きになったものが自分の要求に合わなかった時って離れませんか?要は飽きたということと一緒ですかね。

それか推しより更に良いものを見つけた時ね。

簡単な話、私は昔から自担甘々な奴ではないんですね。

好きだから、なんでもいいの!!!どんなことしてても好き!!

っていう人種ではないということです。

家族が音楽大好き一家ということもあり、音楽番組見ると討論会が始まるので私も見事にその癖がいまだに抜けないというか。

洋楽・J-POP・K-POP、時たまクラシック。

色んなジャンルの音楽を聴いていると、自分の好きな曲の好みとかダンスとか、歌声、歌い方とかって決まってくると思うんです。

その中でも私がほんとにどハマりした東方神起。

彼らは私の好みに本当にドンピシャで、コーラスもでき、ダンスもでき、歌唱レベルが一人一人高いことからほんとに大好きで仕方なかったんです。

でも、分裂してからはもう12年ぐらい経ちますかね。

私はジュンスが大好きだったんですけど、ソロで活躍するジュンスを応援することは一切できなかったんですよね。今はもう全く追いかけてない。興味がなくなったというか、私が好きなダンスをするジュンスではなくなってしまったから。

なんかやたらとくねり出したので。←こら

いつも、方向性の違いで追っかけるのをやめた。ってかっこいいこと言ってました。←

完全なる余談ですが何が言いたいかというと、

推しが私の需要を満たされなければ、ファンをやめてしまうということです。

結構当たり前のことを言ってますけどね。

また長い前置きですいません。

私は冒頭でも言いましたが、討論する癖があるんですけど、

どんなに自分の大好きな推しであったとしても、「もっとここの部分、こうした方がいいのでは?」「今回、この〇〇の歌パートが良い!」とか。

純粋に推しが織りなす作品について、色々な感想が飛び交うわけですよ、私の中で。

私のリアルな友人たちはそういった傾向の人が多いので、それが普通だと思ってた節があります。

でも、色々なアカウントのTwitterをやる中で、そう言った人は一握りなんだなって。

前にジェジュンがソロを始めたと同時に日本で頑張るジェジュンを応援したくて、ジェジュン垢を作ったんですよ。それで普通に応援してたんですけど、ある音楽の特番でジェジュンがある女性とデュエットした時があったんですよ。

それが正直お世辞にも、デュエットとして成り立ってなくて、当時「なんだこれ・・・ひどいな。」って思ったんですよ。相手の女性とジェジュンの呼吸が合ってなくて。

そんでそれの放送後にTwitter確認したら、「すっごい良かったぁあ!!」みたいなツイートが多くてね・・・。いや、どう聴いてもデュエットとして成り立ってなかったやん・・・って私は思ってたんですけどね。笑

それで、リア垢に少しだけそのことに言及したんですよね。

そしたら、それに反応してくれたジェジュンペンの方がいらっしゃって、その人は

「旦那と一緒に見てたのですが、私も旦那も同じ意見でした。甘やかすだけではなく、きちんと評価してあげるのもファンの務めではないでしょうか。」

っていう感じの内容だった。それ読んで、私と同じ考えの人いて良かったぁぁああ!!っていう歓喜。笑

私だけがおかしい感覚なのかな。って少し凹んでたりもしたんですが、同じように考えて、ジェジュンを見てる人がいるんだな。って安心しました。

ジェジュン自身が過保護なファンにたいして、「甘やかさないで!」みたいな怒りのツイートあげてる時もあったしな。それは音楽の話とは別のことだけども。

長くなったけど、まあこういうことがありました。

あ、でも友人が自担甘々でも別に攻撃とかしないし、応援の仕方は人それぞれなんで。それにケチをつけるつもりは毛頭ありません。

この記事で何が言いたいのかをまとめると、「ファン」って何が正解なのかは誰もわからんよな。っていう。笑

正直私は今現在スノを応援してますけど、応援するにあたって、

最近色々と見る目を厳しくしてしまってるんですね。アンチではないです。

もっとこうしたらいいのになー。とか。そういう程度ですけど。

彼らが海外、世界に売れる為にはっていう動きをするならそれ相応の見方に変わるわけです。アジア圏内までなら特に今のままでも十分って思いますけども。

更にその先を目指すなら・・・・

正直何様ですか??って言われかねないです。

会社の人??みたいな感じで偉そうとも思われるでしょう。

そこでちょっとTwitterで色々検索かけたらある言葉を目にしました。

私みたいに彼らを褒めるだけじゃなくて、色々な目線から物をいう人に対しての内容です。

抜粋してちょっと書きますね。

「彼らはアイドルであって、友達じゃない。厳しいことは言うのは自由、でも言える立場じゃない。共に仕事をしてるわけでもないし、親でもない。ファンは提供されたものを受け取ることしかできないのに、なんで対等になった気でいるのか?」

読んだ時に、あー確かに。って納得してる自分がいました。笑

でも、ちょっと考えちゃったんですよね。

韓国の例を挙げますと、韓国ではファンとアイドルが対等なんです。

デビューしたてのアイドルは売れないと服など買えないんです。

デビューするまでに長い練習生時代を過ごし、

その練習生時代のレッスン料は事務所が負担、デビューして売れたらお金を事務所に還元するんです。デビューして、お金が入る、わーい!では済まないんですね。

だからデビューしても服が買えず、彼らが着る服はファンが買ってあげるんです。

それで彼らは生きていけるんですよ。だから韓国アイドルはファンにいつも大いなる感謝を毎回伝えるのです。大袈裟なほどに。ファンがいないと物理的に生きていけないわけですから、互いに利害関係が一致というか。

韓国アイドルはファンが彼らの作品で気に入らないものがあれば、声明文を出すこともできるほど大きな勢力となるんですね。そして、それに沿った作品を世に出すことも。

日本じゃ考えられないですよね。まあこれは韓国の話だから、日本とは別のことなんであくまで参考程度に思ってください。

正直、このシステムをきちんと理解したのはほんの1ヶ月前なんですけどね。

日本のファンはじゃあ一体??って考えた時に、推しと対等とは言えないかもしれないけど、何か意見を言っちゃいけないというわけではないと思うんですよね。

あくまで私の見解です。

だって、お金払ってるんだもん。お金のやりとりが発生してるだけでそこにはすでに対等に近いものが存在するのでは??

わかりやすい話、飲食店に行って、お金払って、出されたものがおいしくないものであったら、誰でも嫌じゃん。要は等価交換だということですよ。

それに見合うだけのものが返ってこなければ、誰だっていやでしょ??

だから、それなりの意見は言わせてもらうさね。

誹謗中傷は犯罪だからしないし、その見極めはきちんとやれるつもりです。

ただ大好きだからそんなの関係なく、無条件でお金も払うし、彼らの笑顔見れるだけでプライスレス!!みたいな方にはこの等価交換の話は無意味かと思いますが。笑

まあ応援の仕方は自由ですからね、別に自担甘々でもいいし。

ただ意見いう人を一緒くたにめんどくさい人って思われるのは悲しいなと。

「厳しめにかっこいいこと言える自分かっこいい!って思ってるんだろww

って思われてたらたまったもんじゃないなと。笑

そういう意味で意見いうんじゃなくて、作品に対する感想やねん。

どんな作品でも作り上げてる時は彼らだって真剣にやっていて、きっと評価が気になるでしょうよ。

だから、その作品に真摯に向き合って感想述べることもファンとしての役割の一つというか。

自分で作った料理を個人的な感情で、何食べても美味しいよ!!って言われても、ちゃんともっと詳しいこと言えや。って思うのと一緒。笑

まあ私の場合だけどね。もっといい作品をみたいじゃん。推しにどんどんもっと売れて欲しいじゃん。どうしたら売れるか一緒に考えるのも大事では??

わかんないけど、私は基本的にダメだしもらえる関係性が好きだから、甘やかされ続ける関係性は天狗になりやすいし、大海に出た時に痛い目見るからな。

だから色々言っちゃう。

別にアンチになりたいわけじゃないよ。

もっと売れるには??って考えて、彼らの背中を押して、どんどん成長していけるようなそんな推しとファンの関係性ってめちゃくちゃいいな〜ってふと思った。笑

今日も長ったらしく書いてしまった。

きっとAKBとかが売れたのって結局こういうことなのでは?ってふと一瞬思ったわ。

後ろ盾もないところからあそこまで売れたのってすごいよな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました