高橋一生「様」と呼ばずにはいられない

マンガ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨年末にNHKで高橋一生主演ドラマ

「岸辺露伴は動かない」

みなさん、観ました?!!!!!

なんのドラマ?っていう人はすぐさまググってくださいね。←

感想長いので畳むのと、私の個人的見解なので読まれた後の苦情はなしですよ〜

ジョジョはアニメで5部まで観ていて、漫画は3部までしか持っておりませんでした。

なので、ジョジョに関してはそこまでの知識はないんですけど、作品自体は大好きです。

そんで、岸辺露伴は4部のキャラですが、

私が知るジョジョシリーズを通して一番好きなのが岸辺露伴だったんですよね。

この人、本当に頭悪いというか残念というか。笑

アニメでは私の大好きな声優さんであられます、櫻井孝宏さんで・・・

声だけでもうお腹いっぱい胸いっぱい。

まあそんなこんなで岸辺露伴が大好きな私なんですけど、年末に岸辺露伴がメインのスピンオフ作品を実写でやるっていう話が飛び交ったとき、色々戸惑ったんですよね。

いや、そもそもジョジョの登場人物ってただでさえ癖ありすぎるというか。

それの実写って・・・ってなるわけです。まあ4部は映画で実写してますけど。

映画観に行きましたけど・・可もなく不可もなく・・・

スタンドのCGは凄かったなぁ〜とは思いましたけど。笑

今思うと、億泰を真剣佑がやったのはすごいな。って思う。

いや、億泰大好きなんだけど、真剣佑がイケメンすぎるから・・・。←

その話はとりあえず、置いておいて。

まあ岸辺露伴が大好きだから、どうなるんだろ。っていう心配よ。

正直櫻井ボイスが常についてまわっちゃうもんで。

ビジュアルを拝見した時も、本当に正直申し上げて、「う〜〜ん・・・」という感じでした。本当に申し訳ない。このブログは正直・素直をモットーとしております。←

高橋一生がどうということでなくて、ビジュアルだけいうなら正直誰も「う〜ん・・」ってなったと思います。

そんなでとりあえず、なんの情報も入れずに録画したやつを年明けで観たんですよ。

録画したのすっかり忘れてて、放置してたため。

口コミも何も調べず、期待も特にせず暇だから観よ〜みたいなノリで観てみたら・・

え、露伴がそこにおる・・・

3次元に露伴が存在した・・・

ものすっっっっごい衝撃!!!!!!!

意味わかんない!!!!!!

なんなの、まじで!!!くそがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ

期待してないとかほざいてた私を全力で拳叩きつけてやりたい。

別に声とかはもちろん似てない。当たり前。そりゃそうだ、演者が違うんだから。

何がすごいって。話し方の癖とか、立ち姿、振る舞い方。

正直アニメを主軸として考えちゃうんですよね。

やっぱりアニメの声ってそれがそのキャラとして成立しちゃうから、そこを除いて実写を観るって出来ないんですよね。

それなのにそれなのに!!!

高橋一生が演じた露伴は露伴そのものだったんですよ。

アニメは二次元、あり得ない話だけど、3次元で「岸辺露伴」という人物が存在してるのであれば、きっとこの岸辺露伴なんだろうな・・っていう。

いや、実際は存在しないから知り得ないんだけども。

それらを錯覚してしまうぐらいってことなんですよ。

・・・わかります??私の言葉、わかります??

絶対にわかんないですよね。私も何言ってんのかな?って思う。笑

高橋一生がどういう役作りをしたかはわかんないけど、

岸辺露伴という人物像を事細かく研究された結果なのかな。っていう。

キャラを似せるっていう技じゃないんですよね。

そのものに成るってこういうことなのかなって・・

憑依?とも違うんですよね。

少し話が変わるんですが、ちょっと前まで話題に上がってた「アクタージュ」って漫画と、少女漫画の「スキップビート」、「ぴんとこな」。

この三つの漫画は共通して役者を題材にした漫画で、

私は大好きなんですけど、それらの漫画の中で

役者って演じる上で凡人には到底理解できない役作りが行われていて、脚本とかだけで人物像を読み解く?っていうのかな。

台本をそのまま演じるのではなく、どういう人物だったかを考え抜くんですよね。

そこから現れる行動というか・・・本当に凄い世界なんだなって思わせてくれたんです。

高橋一生の岸辺露伴を見たときにその漫画たちの内容が瞬時に思い出されて、

ああ・・・あの漫画たちが描いているのは現実でこういう世界のことなのか。って感じたんですよね。

アニメの真似じゃないんですよね。

高橋一生が演じた岸辺露伴が、漫画のモデルですか?って思わせるぐらいに私は感じました。

正直演技についての知識は私は皆無なので、何言ってんだ、こいつって思われても仕方ないんですけども。

素人目にもわかるこの凄さ。っていうことを私は伝えたいんですよね。

好きな作品だからこそ、その作品を演じる役者さんを厳しい目で見てしまうのはもう仕方のないことで。

そんな厳しい目を称賛に変えてしまう高橋一生はもう「様」付で呼んでしまうのはもう自然の摂理!!!!笑

決定事項ですよ。ココココ

だって、ツイッターで口コミ検索したら、賞賛の嵐だったもの。

見終わった後にそれらを見に行ったけど、批判してる感想は私の見た範囲では

見つかりませんでした。あったかもわかんないけど、

私の想像を遥かに超えて、賞賛のツイートしか見ませんでしたね。

ジョジョっていうビッグタイトルで、その作品を愛する人が大勢いて、

その作品の実写でここまで評価される役者さんを日本で私は知りません。

銀魂の実写もめちゃくちゃ大好きなんですけど、それとは全く別の土俵で。

あと、NHKの演出も本当に素晴らしかった。

脚本はアニメと同じ小林靖子さんだしね。素晴らしい。

露伴のスタンドの表現は簡単だけど、変にCGにさせるより、よっぽどリアル。

ジョジョという作品自体、その世界観が独特で、その中でも4部だけ現代の日本だから独特の世界観であっても他の部よりはまし。

とはいえ、それでも異様な雰囲気の世界観ではあるけども。

だから、日本が舞台でも違和感があるのかな?って思ったけど、

日本のどこにでもあるようなオープンテラスに岸辺露伴がいても全く浮いてない。

どう考えても変な格好、変な髪型をしてるのに!!!!!!!!!!

・・・まあそう感じたのは私だけかもしれないけど。笑

音楽も結構不気味で、ちょっと世にも奇妙な物語風味が出てましたね。

ジョジョの気持ち悪い感じがよく現されてたように感じました。

今回ばかりはNHKの本気ってやつをまざまざと見せつけられましたね。

別に何か対抗意識燃やしてるとか、そんなじゃないんですけど。笑

だってお金払いたくないんだもん。普段NHK全く見てないから。

でも、本当にキャスティングも素晴らしかった。

飯豊ちゃんの編集担当も上手で、特に森山未来がヤバかった・・・・

めちゃくちゃジョジョの世界観が出てました。あんなの見ちゃうと、ジョジョの世界観って実はリアルに転がってる??って思ってしまうほど。

いや〜ほんとにこれは永久保存版です。高橋一生様が演じて下さった岸辺露伴が好きすぎて、またアニメや漫画を再度見始めました。

ジョジョは3部までしか漫画持ってなかったけど、漫画集めよう!!って思っちゃいましたね。アニメもHuluでしかジョジョないので、契約しちゃったよね。お金ないけど。

でも、ずっと観る分にはそこまでの無駄遣いではない!!

その代わり、それスノのパラビは解約したまんまだけど。←

私は結局ヲタクなんだな・・・って再確認しました。

とりあえず、今回のドラマで高橋一生の評価が爆上げすぎて、

これから崇め続けていくことでしょう。

高橋一生様

岸辺露伴を演じてくださって感謝いたします。

本当にありがとうございます!!!!!!!

大好きです!!!

結婚してください!!!!(ジャンピング土下座)

コメント

タイトルとURLをコピーしました