最近のゲームってすごいね②

BTS
スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日も今日とてBTSのゲームの話をしますけど、今日のゲームは私的にやったことのない未知の世界だったので、かなりの衝撃を受けたゲームです。

今日も読まれた後の苦情は受付ませぬ。

昨日に引き続きご紹介するゲームは、

「BTS Universe Story」

‎BTS Universe Story
‎君だけの物語が、僕らの宇宙になる ◈BTS Universe Storyの紹介◈ ■ 花様年華…7人の少年たちの隠された物語 - BTS Universeのオリジナルストーリーを連載 ■ 自分で作り上げていくストーリー - 気楽にさっと作るもよし!時間をかけて個性を発揮するもよし! - 自分にぴったりのオリジナ...

これは私にバンタンを勧めてくれた友人が教えてくれたゲームなんですが、

ちょっと説明が難しいんですよね。笑

えーっと、最初に本人たちの画像とかは出てきません!そこからもう私はびっくり。

本人たちいないのに公式なんですよ、これ!!!!!笑

概要としては彼らが出したアルバムの中に「花様年華」というものがあるんですが、

まあarmyの皆さんならもちろんご存知だと思います。笑

この作品に入ってる楽曲のMVがかなり特殊で、ストーリー仕立てになっているんですよね。

1曲だけの話じゃなくて、数曲のMVが一つのストーリーになってるんですけど。

このゲームはそのストーリーに沿った細かいお話を読めるというアプリなんです。

私、「花様年華」を全く理解してないやつだったので、今回改めて花様年華のストーリーを調べました。LINE漫画とか読んだり、考察ブログを読んだり。それで大まかな内容はわかってきたんですけど、これを作り上げた製作者サイド、まじで化物では???

このストーリー、テーマがほんとに重くて重くて・・・・ハッピーエンドがいまだにわからない。笑

まあその話はとりあえず今回は置いておきましょう。長編大作になってしまう。笑

このゲームはグラフィックで動くイラストな彼らがストーリーを彩るんです。

漫画が動く。みたいな感じだと思ってもらえれば。声は無しです。

本当に読み進めるだけのアプリなので、これがゲーム?って言われるとなかなか難しいとこなんですけども。

私がこのゲームに衝撃を受けた理由はこれじゃないんですよね。

メインストーリーとは別に、いろいろな設定のお話が散りばめられてるんですけども、

そのお話の製作者が「プレイヤー自身」だということなんですよね。

要はお話を自分で作って、そこにCGイラストを載せていって動きをつけるんです。

BGMや背景、彼らの服装、髪型とかなど、元々ゲーム内であるものを使って設定していくんです。

私たち読んでる側が制作サイドになるわけですよ。すごくないですか???

その話が他のプレイヤーさんに読まれていくんですよ。

端的に言ってしまえば、「夢小説」に近いものがあります。主人公の名前変更はできませんが。それだったら夢小説ではないんですけど、まあ大体みんな彼らとの恋愛を書いてる人がほとんどなので。笑

彼らの動く漫画を読んでいる。って思えば一番しっくり来るかもです。

このゲーム、有りそうでなかったな・・・っていう。笑

本当にびっくりしました。しかもイラストが本当に綺麗で・・・イラスト描かれてる人、一般人だったそうで。趣味でBTSのファンアートをしていたら、それが公式の目に止まって、今では立派にアプリ制作サイドに。これもすごい話だな〜って。

まあこのゲームにもちょっと悲しい点がありまして、

一つの物語を読むのにチケットが必要なんですけど、最初の時点でチケット4枚で。

そのチケットが1枚復活するのにかかる時間が5時間か6時間?ちょっと今ゲームがメンテに入ってるのでわからないんですが、笑

めちゃくちゃ時間かかるんですよぉおおおお!!!泣

このゲームも無課金勢にはつらい現実でした・・・・。

あと、自分好みの話を探すのにちょっと苦労します。笑

チケット無駄にしたくないから慎重になるんですけど、一般の方が作っていらっしゃるので表現が自由すぎるという点があるので、その話が自分と合ってるか見つけるの大変なんですよ。

入り込めるかどうか。ってことですね。

私がもうババアなので、ヒロインの口調が若すぎると、入り込めないとかそんなです。笑

年齢の壁がつらい今日この頃です。

とまあ、こんなゲームが今の世の中にあるんだな〜という。

正直な話、私が妄想爆発させていた東方神起大好きだった時代にこのゲームがあったなら!!!私の作り手となって、遊びまくっていたであろう・・・

でも、その時代ガラケーだったな・・・って。笑

時代の流れとともに新しいものが出てくるけど、それと同時にあの時にこれがあったら・・っていうどうにもならない気持ちが湧いてくるのがなんだか物悲しいです。笑

でもまあこんな一般の人の二次創作が公式に認められた場所でお披露目ってすごいことだな〜という。

このゲームの中でグクテテを相手にするお話があるんですけど、それ無料で全部読めたんですけど、イラストなのにめちゃくちゃときめいてしまって、そのテテに心持ってかれそうで、今テテにもぐらついております。イラストなのに・・・

二次創作ってすごい力を秘めてるよな。って改めて思った今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました